手や足が「しびれる」「うずく」「痛くなる」

そんな症状でお困りの方、いらっしゃいませんか?


椎間板ヘルニア

椎間板中心部から飛び出した髄核が神経根を圧迫し、さまざまな神経症状を引き起こします。

 

頸椎椎間板ヘルニアでは首、肩、背中、腕や指先に、腰椎椎間板ヘルニアでは、お尻、太もも、ふくらはぎ、足の甲、足の裏や足先にかけて「しびれ」や「うずき」、「痛み」や「異常感覚」などが出現します。

 

症状の出方、場所、強さは人によってさまざまです。

頚肩腕症候群

首、肩、背中、腕などにかけての「コリ」「痛み」「うずき」「異常感覚」など。

 

原因は仕事での負荷や疲労、精神的なストレスなど。症状は軽度の方から重度の方までさまざまですが、重度の方は非常につらい思いをされているようです。

 

原因は特定できる場合と分かりにくい場合があります。

胸郭出口症候群

頸部や肩の付け根付近で神経が圧迫され、首、肩、背中、腕、手や指に「しびれ」「うずき」「痛み」が出現します。

 

いくつかのタイプに分類され、特徴的な症状の出方をすることもありますが、他の疾患との区別が付きにくいこともあります。

 

また、非常に強い「しびれ」や「痛み」が出現することもあり、人によっては症状がなかなか改善せず、仕事や日常生活でつらい思いをすることもあるようです。

 

 


腰部脊柱管狭窄症

腰椎内部の脊柱管といわれる部位で、加齢とともに起こる脊髄変性症により、神経が圧迫されてさまざまな神経症状を引き起こします。

 

中でも「間欠性跛行」と呼ばれる症状が特徴的で、一定時間歩くと両側、または片側の下肢に「しびれ」や「痛み」が出て、歩行が困難になりますが、しばらく休むとまた歩けるようになり、これを繰り返します。

 

その他、座骨神経痛のような症状もよく見られます。

座骨神経痛

腰部、または臀部で神経が圧迫され、臀部から下肢へかけて「しびれ」「うずき」「痛み」などの症状が見られます。

 

原因は腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などさまざまです。

 

割と原因が特定しやすいものと、原因が特定しにくいものがあります。

梨状筋症候群

座骨神経痛の原因の一つで、臀部で座骨神経が圧迫され、お尻から下肢にかけ「しびれ」「うずき」「痛み」が出現します。

 

座りっぱなしや立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢を続けることで症状が強くなりやすいようです。



その他の手や足がしびれる疾患

肘(肘部管症候群)や手首(手根管症候群、ギヨン管症候群)で神経が圧迫されることによる前腕や手指への症状、足首の関節部で神経が圧迫されて起こる足底や足先への症状(足根管症候群)、糖尿病による神経障害、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、膠原病など。

 

手や足の「しびれ」の原因はさまざまです。


整骨院でよくなるもの、ならないもの

当院では多くの患者様が「しびれ」「うずき」「痛み」の改善を求めてご来院いただいておりますが、症状によって整骨院での施術が可能なものと、病院など他の医療機関での治療が必要なものとに分かれます。

 

整骨院で施術が出来ないものや、検査や手術、投薬が必要なもの、病院のほうがより治療効果が得られるものに関しては、他の医療機関にご紹介させて頂いております。


「もう治らないかもしれない」と諦める前に

病院や他の整骨院で治療をしたが「効果が実感できない」「症状が改善しない」「原因がよく分からない」という方がいらっしゃいましたら、一度ご相談ください。

 

患者様のお話をよく伺い、原因を正確に見極め、適切な施術を施すことで症状を改善に導きます。